タグ別アーカイブ: アドビ

アドビ、次期「Photoshop」は「Windows XP」をサポートせず

  Microsoftが「Windows XP」をリリースしたのは2001年だが、Adobe Systemsは米国時間9月14日、「Adobe Photoshop」の現行バージョン「Adobe Photoshop Creative Suite 6(CS6)」がこのOSをサポートする最後のバージョンになることを明らかにした。

 Adobeで製品マネージャーを務めるTom Hogarty氏はブログ投稿で次のように述べている。「Photoshop CS6(13.0)がPhotoshopとしてはWindows XPをサポートする最後のメジャーバージョンになることを、Photoshopチームから前もってお知らせしておきたい」

 

Photoshop_CS6_logo_199x193

 

 Hogarty氏はその理由として、性能にこだわった現代のソフトウェアには、最新のハードウェアグラフィックスインターフェース、特にグラフィックス処理ユニット(GPU)の能力を引き出す手段が必要で、Windows XPにはこれが欠けているためだと説明した。

  Hogarty氏によると、Adobeは現行版のPhotoshop CS6にもバグ修正は提供していく予定だという。Adobeは、CS6シリーズすべてを含むソフトウェアが利用できる新しいサブスクリプションサービス「Adobe Creative Cloud」の提供を開始している。これは、顧客が月額50ドル(年間契約の場合)を支払って利用するサービスで、CS7で搭載される新機能を、開発完了後すぐに利用できる点が特典の1つとなっている。これらの新機能もWindows XPユーザーは利用することができないとHogarty氏は述べた。

 関連製品「Adobe Photoshop Lightroom 4」では、すでにWindows XPのサポートを終了している

xxmactop

CS6(Adobe)、Windows専用アプリ店舗:Xmac.jp

広告

アドビ、「Creative Cloud」にIllustratorの新たな機能を追加提供

アドビ システムズは、「Adobe Creative Cloud」メンバーシップに対して、Illustratorの新機能を追加した。

Adobe Creative Cloud

この機能追加は、Creative Cloudメンバーシップに登録しているユーザーに、いち早く最新の機能を提供するもの。今回リリースされた新機能は以下の通りだ。

パッケージ機能

リンクされている画像やファイル内で使用されたフォントを含め、Illustratorプロジェクトに使用したファイルをすべて自動的に集約してひとつのフォルダにまとめる(Adobeのフォント以外の日本語フォントについては収集されない)。

これは、プロジェクトの引き渡しや共有の効率を高めるとともにミスを解消する目的の機能。長年にわたってユーザーからの要望が寄せられていた内容だという。

埋め込みを解除

他のデザイナーや顧客によってIllustratorファイルに埋め込まれた画像の埋め込みを解除する機能。デザイナーの作業量を減らす効果があるという。

リンクパネルの強化

Illustrator ファイルに配置されたアートワークの詳細情報を、リンクパネルから直接確認できるようになった。配置されている画像が出力のための要件を満たしていることを確認するにはこれまで何度もクリックする必要があったが、今回の機能強化によって必要な情報が直ちに表示されるようになった。

今後の展開として、9月にはAppleのiPadを対象とした電子出版ソリューション「Digital Publishing Suite Single Edition」がリリースされ、「Dreamweaver」の新機能もCreative Cloudメンバー限定で提供される。このようにして、Creative Cloudには今後カ月以内に、さらに多くのイノベーション導入が予定されているとのことだ。

なお、アドビストアで販売されるAdobe Creative Cloudの個人版は、年間プランが月額5,000円、1カ月ごとの月々プランの場合は月額8,000円。学生・教職員個人向けには年間プランで月額 4,000円、CS 3.x、CS4、CS5、CS5.5の個人ユーザー向けには、初年度の使用料を月額3,000円で提供中だ。

xxmactop

CS6(Adobe)、Windows専用アプリ店舗:Xmac.jp

「Creative Cloud」で「Photoshop Lightroom 4」が利用可能に – アドビ

アドビ システムズは26日、5月に開始されたクラウドサービス「Adobe Creative Cloud」のラインナップに、同社の写真管理ソフト「Adobe Photoshop Lightroom 4」が加わったと発表した。

「Adobe Creative Cloud」は、PhotoshopやIllustrator、InDesignといった最新のクリエイティブ・ツールを自由に利用できるメンバーシップ制のクラウドサービス。利用料は月額5,000円(個人版年間プランの場合。月額3,000円の発売記念版もあり)で、デスクトップアプリケーションはもちろん、Photoshop Touchをはじめとする6つの「Adobe Touch Apps」や、20GBにおよぶストレージサービスなども利用可能となっている。

今回、本サービスのラインナップに加わった「Adobe Photoshop Lightroom 4」は、フォトグラファーが画像を簡単に読み込み、整理/編集/公開を行うことができるデジタル写真ワークフローソリューション。Creative Cloudでは、あらゆるクリエイティブ作品を制作/共有/配信するためのハブとしての役割を目指しており、今回の追加により、さらにその範囲を拡大させた。

なお、同社のクリエイティブ メディア ソリューションズ製品担当バイスプレジデントであるウィンストン・ヘンドリクソン氏は、「今後数カ月にわたって、さらに新しい製品とサービスをCreative Cloudに追加し」ていきたいと述べている。

「Adobe Creative Cloud」で利用できるデスクトップアプリケーション

 


1e77cc9e

激安中古Windows、Adobeソフト取り扱い店:Xmac.jp

アドビ、2012年度第2四半期の業績を発表 – 売上は前年同期比10%増に

米・アドビ システムズは、2012年度第2四半期(2012年3月3日から2012年6月1日)の決算を発表した。 第2四半期の業績は、「Adobe Creative Cloud」と「Adobe Creative Suite 6」のリリースや、「Adobe Acrobat」の堅調な売上、「Adobe Digital Marketing Suite」における35%という年間成長率に牽引され、好調に推移したという。

同社Webサイト

同社Webサイト

今回発表された主な業績データは以下のとおり。

売上は、前年同期比10%増の11億2,400万米ドル
GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は、0.45米ドル。Non-GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は、0.60米ドル
GAAPベース営業利益は3億510万米ドル、純利益は2億2,390万米ドル。Non-GAAPベース営業利益は4億440万米ドル、純利益2億9,960万米ドル
繰延収益は、前四半期比4,390万米ドル増の5億9,280万米ドル
営業キャッシュフローは4億4,820万米ドル

Adobe Creative Suite 6 Master Collection 

  • Adobe Creative Suite 6 Master Collection Macintosh版 中古版

あわせて同社は、第3四半期の財務目標を設定したほか、2012年度通年の目標も更新している。欧州で予想される需要の弱含みを反映しながらも、2012年度第3四半期の売上目標を10億7,500万米ドルから11億2,500万米ドルに設定。希薄化後1株当たり利益の目標は、GAAPベースで0.38米ドルから0.43米ドル、Non-GAAPベースで0.56米ドルから0.61米ドルとしている。

また、2012年度の年間売上成長率については、修正前の6%~8%を6%~7%へと範囲を狭めている。希薄化後1株当たり利益についても修正し、GAAPベースではこれまでの1.63米ドルから1.73米ドルに対し1.69米ドルから1.76米ドル、Non-GAAPベースではこれまでの2.38米ドルから2.48米ドルに対し、2.40米ドルから2.46米ドルを目標とした。

なお、同社のエグゼクティブバイスプレジデント兼CFOであるマーク・ギャレット氏は、「『Creative Cloud』への移行の第1弾が当社の目標を上回る成果を出したことは、この新しいサブスクリプション方式の製品群に対し、クリエイティブプロフェッショナルが高い価値を見出していることを裏付けるものです」と述べ、今期の業績を長期的視点からも良好な兆候だとした。

激安中古Windows、Adobeソフト取り扱い店:Xmac.jp

アドビ・ADOBE CS5.5 MASTER COLLECTION(Win版/Mac版)中古激安買えるサイトは!?

407-557-large

『Adobe Creative Suite 5.5 Master Collection』の収録内容
■Adobe InDesign CS5.5
■Adobe Photoshop CS5 Extended
■Adobe Illustrator CS5
■Adobe Acrobat X Pro
■Adobe Flash Professional CS5.5
■Adobe Flash Catalyst CS5.5
■Adobe Flash Builder 4.5 Premium
■Adobe Dreamweaver CS5.5
■Adobe Fireworks CS5
■Adobe Contribute CS5
■Adobe After Effects CS5.5
■Adobe Premiere Pro CS5.5
■Adobe Audition CS5.5
■Adobe OnLocation CS5
■Adobe Encore CS5
+Adobe Bridge CS5
Adobe Device Central CS5.5
Adobe Dynamic Link
Adobe Media Encoder CS5.5
CS Liveオンラインサービスが利用可能

注目ポイント

▼マルチスクリーン・マルチデバイスに対応した表現力豊かなコンテンツを効率的に制作・提供(New)
▼業界注目のデジタルパブリッシングを強力にサポート(New)
▼HDコンテンツ制作のためのさらなるパフォーマンスと機能を強化(New)
▼アドビの最新クリエイティブツールとサービスが統合された究極の制作環境
▼Windows 7とMac OS X Snow Leopardに対応。64-bit環境では、圧倒的なパフォーマンスを発揮

※Adobe Premiere Pro CS5.5およびAdobe After Effects CS5.5は、64-bit環境でのみ動作します。Windows版では、32-bit環境をお使いのお客様のために、Adobe Premiere Pro CS4およびAfter Effects CS4を無償で同梱しています。

必要スペック
【Windows】
・ インテル Pentium 4以上、またはAMD Athlon 64以上のプロセッサー(インテルCore i3、i5、i7、またはAMD Phenom II推奨);Adobe Premiere ProにはインテルCore 2 Duo以上またはAMD Phenom II以上が必要
・ Adobe Premiere ProとAfter Effectsには64-bitサポートのプロセッサーが必要
・ Microsoft Windows XP(Service Pack 3)日本語版、Windows Vista Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise(Service Pack 1)日本語版(Service Pack 2を推奨)、Windows 7 日本語版
・ Adobe Premiere Pro、After Effects、およびMaster Collectionのサブスクリプションには64-bit版のWindows VistaまたはWindows 7が必須
・ 2GB以上のRAM(4GB以上を推奨)
・ 24.3GB以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
・ 1,280×900以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,280×1,024以上を推奨)、および256MB以上のVRAMを搭載した16-bitカラー表示が可能なハードウェアアクセラレーション対応のOpenGLグラフィックカード
・ Premiere Pro:GPUアクセラレーションを利用するには、アドビ認定のGPUカードが必要。最新のサポートされるカードの情報はwww.adobe.com/go/premiere_systemreqs_jpをご覧ください
・ Photoshop:GPUアクセラレーションを利用する一部の機能ではShader Model 3.0とOpenGL 2.0対応のグラフィックカードが必要
・ Adobe Bridgeの一部の機能では64MB以上のVRAMを備えたDirectX 9対応のグラフィックカードが必要
・ 圧縮されたビデオフォーマットの編集には7,200RPMのハードディスクドライブ、非圧縮のビデオフォーマットの編集にはRAID 0でストライピングされたディスクアレイ
・ SD/HDワークフローには、キャプチャおよびテープへの書き出し用にアドビ認定のカード
・ DVおよびHDVキャプチャ、テープへの書き出し、DVデバイスへの伝送用にOHCI IEEE 1394ポート
・ MME/WDMまたはASIO対応のサウンドカード
・ 2層式対応DVD-ROMドライブ(DVD作成には記録対応DVDドライブ、Blu-ray作成には記録対応Blu-rayドライブが必要)
・ Java Virtual Machine(32-bit):IBM JRE 1.6またはSun JRE 1.6
・ マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7.6.2
・ SWFファイルの書き出しならびにSWFファイルとして書き出されたDVDプロジェクトの再生にはAdobe Flash Player 10
・ Eclipse 3.6.1(プラグインとしてインストールする場合);対応するパッケージ:Eclipse IDE for Java EE Developers、Eclipse IDE for Java Developers、Eclipse Classic、Eclipse for PHP Developers
・ オンラインサービスの利用およびサブスクリプションで購入したライセンスを継続して利用するには、ブロードバンドインターネット接続が必要
※ Adobe Premiere Pro CS5.5およびAdobe After Effects CS5.5は、64-bit環境でのみ動作します。32-bit環境をお使いのお客様のために、Adobe Premiere Pro CS4およびAfter Effects CS4を無償で同梱しています。

格安ダウンロード版/中古版 ADOBE CREATIVE SUITE 5.5 MASTER COLLECTION WINDOWS版を探す (¥8000 前後)
格安ダウンロード版/中古版 ADOBE CREATIVE SUITE 5.5 MASTER COLLECTION MACINTOSH版を探す (¥8000 前後)

1e77cc9e

激安中古Windows、Adobeソフト取り扱い店:Xmac.jp

アドビ、東映ラボ・テックの映像制作支援サービスプロジェクトにCS6を導入

アドビ システムズは、東映ラボ・テックが新たに展開する「映像制作支援サービスプロジェクト」に「Adobe Creative Suite 6 Production Premium」を導入する両社の協力体制を発表した。

アドビ システムズWebサイト

同社はこのプロジェクトのために、東映ラボ・テックとクラウドコンピューティング環境でのレンダリングファーム構築に関する特別契約を締結。編集・特殊効果・カラーグレーディングまで対応するCS6製品群のトレーニングを、東映ラボ・テックに対して実施する。

創業以来、「プロの為のポストプロダクション」として時代の変化と技術革新に対応してきた東映ラボ・テックでは、今回ポストプロダクションとしてのさらなる一歩として「映像制作支援サービスプロジェクト」を開始。これに対応して、同社の最新のクリエティブツールである「Adobe Creative Suite 6 Production Premium」25式を導入した。

最新のデジタルシネマカメラ(「RED」、「ARRI RAW」など)にネイティブ対応する「Premiere Pro CS6」により、撮影後、クラウドサーバー上に保管されたデータが場所を問わず編集できるようになる。また、クラウドコンピューティングシステムでの「After Effects」レンダリングサービスも東映ラボ・テックおよびアドビ システムズとの特別契約により近日中に利用可能となる。

1e77cc9e

激安中古Windows、Adobeソフト取り扱い店:Xmac.jp

アドビ、最新アップデータ「Adobe Photoshop Lightroom 4.1」公開

「Adobe Photoshop Lightroom 4」
アドビ システムズは30日、「Adobe Photoshop Lightroom 4.1」と「Adobe Photoshop Camera Raw 7.1」のアップデータを公開した。いずれも現行バージョンのユーザー向けに提供されるもので、「Adobe.com」より無償でダウンロードできる。

これらのアップデータは、同社ラボサイト「Adobe Labs」にて公開されていたリリース候補版を改良したもの。製品版の発売後に報告された問題点が修正されたほか、High Dynamic Range(HDR)トーンマッピングのサポート、色収差を補正する新しいフリンジ軽減コントロール、およびキヤノン「EOS 5D Mark III」や富士フイルム「富士フイルム X-Pro1」、ニコン「D800」など、新型カメラ26機種のRAWファイル形式が新たにサポートされている。

なお、同社は今回のアップデータ公開にあわせて、Lightroom 4.1を軸に「フリンジの軽減機能」を解説したWebページをAdobe.comにて公開している。

新しくサポートされたカメラ機種

キヤノン EOS 1D X
キヤノン EOS 5D Mark III
キヤノン EOS 60Da
キヤノン PowerShot G1 X
富士フイルム FinePix F505EXR
富士フイルム FinePix F605EXR
富士フイルム FinePix F770EXR
富士フイルム FinePix F775EXR
富士フイルム FinePix HS30EXR
富士フイルム FinePix HS33EXR
富士フイルム X-Pro1
ライカ M Monochrom (DNG)
ライカ X2 (DNG)
ニコン D4
ニコン D800
ニコン D800E
オリンパス OM-D E-M5
パナソニック Lumix DMC-GF5
ペンタックス K-01
リコー LENS A16 24-85mm F3.5-5.5
サムスン NX20
サムスン NX210
サムスン NX1000
ソニー Alpha NEX-VG20
ソニー SLT-A57
ソニー Alpha NEX-F3

※上記にはLightroom 4.0でサポートされていてCamera Raw 7.0ではサポートされていなかった機種を含む。

1e77cc9e

激安中古Win、Macソフト通販店:Xmac.jp (^_^)

Adobe Creative Suite 6 Design & Web Premium Macintosh版 中古版 Adobe Creative