カテゴリー別アーカイブ: Office 製品

Xmac.jpの9月キャンペーン:Windows 7とOffice 2010プロダクトキー無料!!

Apple製品、Windows 製品 取扱店まで。

Apple製品、Windows 製品 取扱店まで。

大量製品プロダクトキー激安通販

当社のメールアドレスxmacjp123@yahoo.co.jp


 

 

今月キャンペーン

①、即日から、すべてご注文したお客様にWindows 7プロダクトキー1枚無料に差し上げます。

②、すべて6000円(サービス料以外)以上のご注文はさらにOffice 2010プロダクトキー1枚を無料にお贈りいたします。

③、以上のサービスは毎日前五位のお客様に限定します。詳細はこちらのオンラインチャット、メールにご連絡くださいね。

 

広告

PCソフト:Office 2010 professionalのダウンロード購入安価情報

240-357-large

office 2010 professionalを安く買える方法の1つに、ダウンロード版があります。

ダウンロード版は提供するメディア(CD/DVD)や、パッケージの費用が必要ないため、その分安く提供されているのです。

もちろん容量がかなり多いので、インターネット回線が高速でなければ、使えるようになるまで時間がかかります。
そのことも踏まえて、ダウンロード購入するかどうかを決めてください。
office 2010 professionalをダウンロード購入するメリットは、たくさんあります。

安く手に入れられるというのは誰もが知っていることですが、インストールした後のパッケージの処分に困ることもありません。
プロダクトキーさえあれば、再度インストールする時にセットアップファイルがなくても、再度ダウンロードするだけです。

プロダクトキーをしっかり管理しなければいけませんが、それ以外にはメリットばかりの購入方法なのです

激安ダウンロード版 Microsoft Office Professional 2010 を探す (¥7000 前後
激安ダウンロード版 Microsoft Office Professional 2010ダウンロード版 を探す (¥5000 前後
格安ダウンロード版 Microsoft Office Personal 2010 を探す (¥*,*00 前後)
格安ダウンロード版 Microsoft Office Personal 2010 を探す (¥*,*00 前後)
価格ダウンロード版 Microsoft Office Professional 2010 を探す (¥5000 前後
価格ダウンロード版 Microsoft Office Personal 2010 を探す (¥*,*00 前後)

ディスクも無い・パッケージも無い・流通コストも無いなら
もっと安くして欲しいですね

気絶頂の商品を激安というのは何か裏がありそうですよね。

そこで噂の激安店を調査することにしました。

するとその激安店というのはみなさんご存知のネットショップ界の大御所でした。


こちらの販売店なら!

激安販売もうなずけます。

1e77cc9e

CS6(Adobe)、Office専用アプリ店舗:Xmac.jp

Office製品の使い方 > Word ショートカットキー一覧

Wordには非常にたくさんのショートカットキーがありますが、そのうちの有名なもの、重要なもの、便利なものを一覧にまとめておきます。

CtrlAlt 1[見出し1]スタイルを設定

CtrlAlt 2[見出し2]スタイルを設定
CtrlAlt 3[見出し3]スタイルを設定
Ctrl  A文書全体の選択
CtrlAlt C「©」の入力
Ctrl  D[フォント]ダイアログの表示
 AltShiftD日付(フィールド)の入力
Ctrl  E[中央揃え]の設定
Ctrl ShiftE[変更履歴の記録]の開始
Ctrl  F[検索(と置換)]ダイアログの表示
CtrlAlt F脚注の挿入
Ctrl  G[ジャンプ(検索と置換)]ダイアログの表示
Ctrl ShiftG[文字数カウント]ダイアログの表示(2002以降で有効)
Ctrl  H[(検索と)置換]ダイアログの表示
Ctrl  J[両端揃え]の設定
Ctrl  K[ハイパーリンクの挿入]ダイアログの表示
Ctrl  L[左揃え]の設定
Ctrl ShiftL[箇条書き]の設定
CtrlAlt M新しいコメントの挿入
Ctrl  Nファイルの新規作成
Ctrl ShiftN[標準]スタイルを設定
CtrlAlt N[下書き表示]モードに切り替え
Ctrl  O[ファイルを開く]ダイアログの表示
CtrlAlt O[アウトライン表示]モードに切り替え
Ctrl  P[印刷]ダイアログの表示
CtrlAlt P[印刷レイアウト表示]モードに切り替え
 AltShiftPページ数(フィールド)の入力
Ctrl  Q段落書式の解除
Ctrl  R[右揃え]の設定
CtrlAlt R「®」の入力
Ctrl  S[上書き保存]の実行
Ctrl ShiftSスタイルの設定
CtrlAlt Sウィンドウの分割
Ctrl Tぶら下げインデントの設定(2002以降)字下げインデントの設定(97, 2000)
CtrlAlt T「™」の入力
 AltShiftT時刻(フィールド)の入力
CtrlAlt U罫線の削除(表内にカーソルがある状態で)
Ctrl  Y直前の操作の繰り返し・やり直し
Ctrl  Z直前の操作を元に戻す
Ctrl Shift’アクセント付き文字の入力(シングルクォーテーション)
Ctrl Shift`低アクセント付き文字の入力(アクサングラーブ−「@」キーにある文字)
Ctrl  :ウムラウトの入力(コロン)
Ctrl Shift;[上付き]の設定・解除(セミコロン)
Ctrl Shift=[下付き]の設定・解除
Ctrl  ^曲折アクセント付き文字の入力(ハット)
Ctrl Shift~チルダ付き文字の入力(チルダ)
Ctrl Shift>フォントサイズを1ランク拡大
Ctrl Shift<フォントサイズを1ランク縮小
Ctrl  ]フォントサイズを1pt拡大
Ctrl  [フォントサイズを1pt縮小
 AltShift→[レベル下げ]の実行
 AltShift←[レベル上げ]の実行
Ctrl  End文末にジャンプ
   End行末にジャンプ
Ctrl  Enter[改ページ]の挿入
Ctrl ShiftEnter[段区切り]の挿入
  ShiftEnter段落内で改行
Ctrl  Home文頭にジャンプ
   Home行頭にジャンプ
Ctrl  PageDown次ページの先頭にジャンプ
   PageDown1画面下にジャンプ
Ctrl  PageUp前ページの先頭にジャンプ
   PageUp1画面上にジャンプ
Ctrl  スペースフォント書式の解除
   F1ヘルプ・Officeアシスタントの表示
  ShiftF1ポップヒントの表示
 Alt F1次のフィールドへジャンプ
 AltShiftF1前のフィールドへジャンプ
Ctrl  F2[印刷プレビュー]の実行
   F3定型句の挿入
 Alt F3定型句の登録
   F4直前の操作の繰り返し
 Alt F4Wordの終了
  ShiftF4次を検索
Ctrl ShiftF5[ブックマーク]ダイアログの表示
   F5[ジャンプ(検索と置換)]ダイアログの表示
  ShiftF5直前の編集箇所へのジャンプ
Ctrl  F6次のウィンドウに切り替え
Ctrl ShiftF6前のウィンドウに切り替え
   F7[スペルチェックと文章校正]の実行
  ShiftF7[類義語辞典]ダイアログの表示
 AltShiftF7[翻訳]作業ウィンドウの表示
 Alt F8[マクロ]ダイアログの表示
Ctrl  F9フィールドの挿入
Ctrl ShiftF9フィールドを実行結果に変更
   F9フィールドの更新
  ShiftF9選択しているフィールドの表示切り替え
 Alt F9すべてのフィールドの表示切り替え
Ctrl ShiftF9フィールドコードの文字変換
Ctrl  F10[言語]バーのショートカットメニューの表示
 Alt F10最大化の実行
Ctrl  F11フィールドのロック
Ctrl ShiftF11フィールドのロック解除
   F11次のフィールドにジャンプ
  ShiftF11前のフィールドにジャンプ

 Alt F11Visual Basic Editorの起動
 F12[名前を付けて保存]ダイアログの表示

1e77cc9e

CS6(Adobe)、Office専用アプリ店舗:Xmac.jp

Microsoft、Office専用アプリストアを開店

「Office 2013」のWordやOutloook、SharePointなどをサポートするサードパーティーアプリを閲覧・ダウンロードできるアプリストア「Office Store」が開店した。

 米Microsoftは8月6日(現地時間)、現在カスタマープレビュー段階の「Office 2013」と統合するオンラインアプリストア「Office Store」を立ち上げたと発表した。誰でも閲覧できるが、アプリをダウンロードするにはOffice 2013のプレビュー版をインストールし、Microsoftアカウント(旧Windows Live ID)でログインしている必要がある。

 既にLinkedInやTwitter、GrouponのOutlook用プラグインや、Wordから直接ファクスを送るためのeFax(有料)など、数十本のアプリが登録されている。

yu_officestore1
Office Storeのトップページ。LinkedInやTwitterアプリが登録されている

 Office 2013の「Insert」タブで「Apps for Office」を選ぶとお勧めのアプリが表示され、クリックすることで詳細を表示し、ダウンロードできる。Windows StoreWindows Phone Marketplaceで以前有料アプリを購入したことがあれば、その際に使った決済情報(クレジットカード情報など)をそのまま流用できる(有料アプリはカスタマープレビュー段階ではまだ購入できない)。

yu_officestore2
Office 2013のメニューから表示するアプリ一覧

  Microsoftは、Officeユーザーは10億人以上いるため、サードパーティー開発者にとってOffice Storeにアプリを登録することは大きな収益機会になるとしている。有料アプリの場合の開発者の取り分は売上高の8割で、Windows Storeをはじめとする一般のアプリストアの7割よりも割がいい。開発者はSeller Dashboardから登録できる。 

1e77cc9e

CS6(Adobe)、Office専用アプリ店舗:Xmac.jp

Excelで「チェックボックス付アンケート」を作る方法

120802excellifehack00.jpg


仕事で欠かすことのできない『Excel』。前回は「知っているようで知らない、マウスを使ったエクセル(Excel)小ワザ集」をお送りしました。今回は、ウェブサイトなどでよく見かけるチェックボックスを使ったアンケートをExcelで作ってみます


1. チェック項目を入力する

120802excellifehack1.jpg

まずはチェックボックスをつける質問項目を記入しましょう。回答欄も一緒に作っておきます。この欄に、チェックボックスを埋め込んでいきます(手順「5」参照)。


2. 「開発」タブを表示させる

120802excellifehack2.jpg

リボン(画面上部にある「ホーム」、「ページレイアウト」などのタブ)が表示されていない人は、「ファイル > オプション > リボンのユーザー設定 >メインタブ」と進み、開発タブにチェックを入れてください。


3. 「挿入」にあるフォームコントロールから、「チェックボックス」を選ぶ

120802excellifehack03.jpg

「開発 > 挿入」と進み、チェックボックスを選びます。チェックボックスは「フォームコントロール」と「ActiveXコントロール」の2種類ありますが、ここでは前者を貼り付けます


4. チェックボックスをセルに貼り付ける

120802excellifehack4.jpg

チェックボックスを回答欄に貼り付けていきます。チェックボックスのテキストは、右クリックして「テキストの編集」から変更・削除できます


5. すべてのチェック項目にボックスを貼り付ける

120802excellifehack5.jpg

すべての回答欄にチェックボックスを並べます。チェックボックスも文字と同じくコピー&ペースト可能です。


6. 「コントロールの書式設定」の、リンクするセルを指定する

120802excellifehack6.jpg

チェックボックスを右クリックし、「コントロールの書式設定 > コントロール > リンクするセル」と進んでください。ここに任意のセルを指定すると、オンの場合は「TRUE」、オフの場合は「FALSE」が指定したセルに表示されます。


7. チェックがオンの時、「6」の手順で指定したセルに「TRUE」と表示されるようになる

120802excellifehack7.jpg

実際に、一番上のチェックボックスを選択してみました。指定したセルに「TRUE」が表示されているのがわかると思います。


8. 「COUNTIF関数」を使って、チェック数の合計を表示する

120802excellifehack8.jpg

回答結果の集計は、COUNTIF関数を使いましょう。「6」で指定したセルの範囲を選択し、検索条件に「TRUE」を入力します。


9. 「TRUE」などが表示される列は、任意で非表示にする

120802excellifehack9.jpg

TRUEなどの文字が表示されるのは見映えが良くないので、その列自体を非表示にしましょう。結果を表示するセルを改ページの外に指定するという手もあります。

1e77cc9e
Windows、CS6(Adobe)ソフト店舗:Xmac.jp

Microsoft、新生「Outlook.com」を発表 ソーシャル機能搭載でGmailに対抗

 

Microsoftが新Webメールサービス「Outlook.com」のプレビュー版を公開した。Facebook、Twitter、LinkedIn、Google、Skypeの連絡先を統合できる。

 米Microsoftは7月31日(現地時間)、Webメールサービス「Outlook.com」を発表した。従来のデスクトップメールクライアントではなく、米GoogleのGmailのような、Webメールサービスだ。同日からプレビューに参加できる。

yu_outlook1
ログインページ

 「@outlook.com」の新規アカウントを無料で作成できる他、Microsoftアカウント(旧Windows Live ID。@live.com、@msn.com、@hotmail.comなど)でログインすることもできる。この場合、そのアカウントの受信トレイやアドレス帳情報が引き継がれる。

 Outlook.comにMicrosoftアカウントでログインすると、設定(歯車アイコン)に「Hotmailに戻る」という項目があり、位置付けとしてはHotmailに代わるWebメールサービスのようだ(現在はHotmailも利用できる)。

各種ソーシャルサービスの統合

  Outlook.comのアドレス帳には、Facebookのメールアドレス、TwitterとLinkedInの知り合い、Googleの連絡先をインポートできる。間もなくSkypeの連絡先のインポートも可能になる。受信トレイでは、受信メールを表示した状態でそのメールの送信者のTwitterや Facebookでのアクティビティが写真とともに表示される。また、Outlook.com内で連絡先の相手とチャットやビデオチャットができる。

yu_outlook2
ソーシャルサービスの情報をインポートすると、受信ボックスに相手のアクティビティが表示される

モバイルにも対応

 Windows Phone端末はもちろん、米GoogleのAndroidや米AppleのiOS端末からOutlook.comにアクセスすると、モバイル対応のユーザーインタフェースで利用できる。

yu_android
Android端末で表示したOutlook.com

SkyDrive、Office Web Appsとの連係

 メールに添付したOffice Web Appsのドキュメントを、受信トレイ内で表示・編集できる。SkyDriveと連係しているので、添付ファイルのサイズを心配する必要もないとしている。

1e77cc9e

Windows、CS6(Adobe)ソフト店舗:Xmac.jp

 

Office製品の使い方 > PowerPoint ショートカットキー一覧

大企業パワーポイント(以下PPT)自粛令が出たりしましたが、職種や会社によってはPPTを使う/作成する場面には出くわしてしまいます。理系の大学生や大学院生においても、卒論修論、中間報告や学会発表などにPPTを利用する場面が目立ちます。

大事な時間をPPTを作ることなんか(?)で浪費しないよう、PPTを作成するときに時間を大幅に短縮する小技を自分なりにまとめてみました。プレゼンを成功させるためにはPPTのスクリプト作成や資料集めにもっと時間を費やすべきですので、作成時間が短縮できるに越したことはありません。

個人的な経験や周囲の意見によると、PPT作成で最も時間を無駄に使っているのは以下の2点。

1.オブジェクトの色とか大きさを変更<->修正するとき

2.複数オブジェクトの配置を微調整してページのバランスをとるとき

と、いうわけでいろいろ改善の余地のありそうなPPT作成ですが、最重要課題は上の2つの作業の時間の無駄を省くことです。

逆にいえば、この改善だけでかなりの時間短縮がみこめます。

[すべて選択]の実行=Ctrl+A

[太字]の設定・解除=Ctrl+B

[コピー]の実行=Ctrl+C

複製(コピー&貼り付け)の実行=Ctrl+D

[中央揃え]の設定=Ctrl+D

[検索]ダイアログの表示=Ctrl+F

グリッドとガイドの表示=Ctrl+G

[置換]ダイアログの表示=Ctrl+H

[斜体]の設定・解除=Ctrl+I

[ハイパーリンクの挿入]ダイアログの表示=Ctrl+k

[左揃え]の設定=Ctrl+L

新規スライドの挿入=Ctrl+M

プレゼンテーションの新規作成=Ctrl+N

[ファイルを開く]ダイアログの表示=Ctrl+O

[印刷]ダイアログの表示=Ctrl+P

[右揃え]の設定=Ctrl+R

[上書き保存]の実行=Ctrl+S

[フォント]ダイアログの表示=Ctrl+T

[下線]の設定・解除=Ctrl+U

[貼り付け]の実行=Ctrl+V

[閉じる]の実行=Ctrl+W

[切り取り]の実行=Ctrl+X

直前の操作の繰り返し=Ctrl+Y

直前の操作を元に戻す=Ctrl+Z

フォント書式の解除=Ctrl+ スペース

[下付き]の設定=Ctrl+ ;

[上付き]の設定=Ctrl+Shift+ ;

[アウトライン]タブと[スライド]タブの切り替え=Ctrl+Shift+Tab

フォントサイズの拡大=Ctrl+Shift+ >

フォントサイズの縮小=Ctrl+Shift+ <

フォントサイズの拡大=Ctrl+ ]

フォントサイズの縮小=Ctrl+ [

ヘルプ・Officeアシスタントの表示=F1

ポップヒントの表示=Shift+F1

プレースホルダ内のテキスト選択=F2

PowerPointの終了=Alt+F4

スライドショーの実行=F5

次のペイン=F6

表示ウィンドウの切り替え=Ctrl+F6

[スペルチェックと文章校正]の実行=F7

[マクロ]ダイアログの表示=Alt+F8

Visual Basic Editorの起動=Alt+F11

[名前を付けて保存]ダイアログの表示=F12

1e77cc9e
Windows、CS6(Adobe)ソフト店舗:Xmac.jp