カテゴリー別アーカイブ: Googleニュース

Google Apps、IE 8のサポートを11月15日に終了

Microsoftが10月26日に「Internet Explorer 10」をリリースするのにあわせ、Google AppsでのIE 8のサポートを終了する。IE 8はWindows XPにインストールできる最新のIEだ。

 米Googleは9月14日(現地時間)、オンラインオフィススイート「Google Apps」での米MicrosoftのWebブラウザ「Interent Explorer(IE)8」のサポートを打ち切ると発表した。11月15日以降、IE 8からGoogle Appsのサービスを開こうとすると、ブラウザをアップデートするよう促すメッセージが表示されるようになる。

 Google Appsのすべてのエディション(Google Apps、Google Apps for Busines、Education、Government)が対象になる。

  Google Appsは、Google Chrome、IE、MozillaのFirefox、AppleのSafariをサポートしている。Googleは、ブラウザの新版がリリースされると、その2つ前の版のブラウザのサポートを打ち切ることにしており、Microsoftが10月26日に次期OS「Windows 8」をリリースする際、IE 10の正式版もリリースすることから、IE 8のサポートを終了する。

 IE 8は、Windows XPにインストールできる最新のIEだ。米分析会社Net Applicationsによる8月の世界OS市場で、Windows 7がようやくWindows XPを抜いたものの、Windows XPを使っている企業はまだ多く、今回のサポート終了の影響は大きそうだ。

 GoogleはIE 8ユーザーに対し、プラグイン「Google Chrome Frame」の採用を勧めている。このプラグインは、旧IEをHTML5ほか最新Web技術に対応させるというもので、Windows XP SP2およびWindows Vista上で稼働するIE6、7、8に対応する。このプラグインをインストールすれば、IE 8からカレンダーやGmailが利用できるとしている。

xxmactop

CS6(Adobe)、Windows専用アプリ店舗:Xmac.jp

広告

Google Chromeが4周年 誕生日ギフトが隠れた特別サイトを公開

GoogleのWebブラウザが2008年のリリースから4周年を迎え、Chromeの機能で楽しめる「Chrome Time Machine」サイトが公開された。

 米Googleは9月4日(現地時間)、Webブラウザ「Google Chrome」がリリース4周年を迎えたとして、同ブラウザの歴史をたどれる特設ページ「Chrome Time Machine」を公開した。

 クリックすると2008年9月からのChromeに関する主な出来事がアニメーションで時系列に表示される。Chromeの機能のデモにもなっているようで、米MicrosoftのInternet Explorer(IE)9や米AppleのSafari(iPad版)で試したところ、IE 9では表示されず、Safariでは動的なインタフェースでは表示されなかった。

 Googleの製品管理責任者サンダー・ピチャイ氏によると、このページには秘密のコードが隠されており、それを見つけて入力するとChromeチームからの誕生日ギフトがもらえるという。

yu_chorme
Google Chromeで表示したChrome Timeline。シェアボタンは(当然ながら)Google +1のみだ
——————————————————————————–

Google Chromeは2008年9月2日にオープンソースのWebブラウザとして誕生し、StatCounterによると、世界ブラウザ市場で2012年5月に米MicrosoftのInterenet Explorer(IE)を抜いて首位になり、7月にはの約3分の1を獲得した。現行の最新バージョンは「21」。デスクトップ向けとしてはWindows、Mac、Linux版があり、モバイル版はiOSとAndroid版がある。Chrome OSを搭載したChromebookを含むすべてのChromeでブックマークや履歴を同期できる。

xxmactop

CS6(Adobe)、Windows専用アプリ店舗:Xmac.jp

Google Chrome、世界ブラウザ市場でのシェアが3分の1に――StatCounter調べ

5月に世界ブラウザ市場でトップに立ったGoogle Chromeがさらにシェアを伸ばした。また、日本市場ではFirefoxを抜いて2位になった。

 米GoogleのWebブラウザChromeが、アイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterによる7月の世界ブラウザ市場調査(デスクトップブラウザの調査)で、約3分の1(33.81%)のシェアを獲得した。

 2位の米MicrosoftのInternet Explorer(IE)のシェアは32.04%、3位のMozillaのFirefoxは23.73%、米AppleのSafariは4位で7.12%だった。

yu_stat
世界でのWebブラウザシェア推移(資料:StatCounter)

 StatCounterの調査では、Chromeは2011年11月にFirefoxを抜き、2012年5月にIEを抜いて首位に立った。

 日本では、IEが圧倒的な首位(シェア52.86%)。Chrome(18.82%)は6月に初めてFirefox(17.72%)を抜いて2位になった。

yu_stat2
日本市場ではChromeは7月に初めて2位になった(資料:StatCounter)

 StatCounterの調査は、世界の約300万のWebサイトの1カ月当たり150億程度のページビューの分析に基づいている。

 なお、別の調査会社Net Applicationsによると、2012年7月の世界ブラウザシェアランキングは1位がIE(52.93%)、2位がFirefox(20.16%)、3位がChrome(18.88%)となっている。Net Applicationsの調査は、4万以上のWebサイトへのユニークビジター数の分析に基づいてる。

1e77cc9e
Office、CS6(Adobe)ソフト店舗:Xmac.jp

Google、サービス終了予告―公式ブログも整理統合

Googleの今回の“大掃除”では、「Google Apps for Teams」「Google Listen」「Google Video for Business」の終了が発表された。

 米Googleは8月4日(現地時間)、主力事業へのリソース集中のために終了するサービスについて発表した。ラリー・ペイジ氏のCEO就任以来、多数のサービス終了が発表されており、7回目になる今回は3つのサービスが対象になった。

「Google Apps for Teams」

 2008年2月に「Google Apps Team Edition」としてスタートしたこのサービスは、同じ組織に属するメンバー同士で簡単にチームを作成し、文書やカレンダーの共有やチャットができる無料版のGoogle Apps。“期待したほどユーザーの役に立っていない”と判断し、終了することにしたという。

 2012年9月4日に現行のGoogle Apps for Teamsのアカウントを一般アカウントに変換し、サービスを終了する。

ポッドキャスト検索アプリ「Google Listen」

 2009年8月にGoogle Labsからリリースしたポッドキャスト検索アプリ「Google Listen」は、米国でのみ提供されていた。現在はアプリストア「Google Play」でさまざまなポッドキャストアプリが提供されているので、Google Listenを終了するという。

 2012年11月1日にサービスを終了する。

yu_listen

「Google Video for Business」

 「Google Video for Business」は、2008年9月にGoogle Apps Premier Editionの機能として追加された、企業内で自由にビデオをアップロードし、安全に共有する“ビジネス向けYouTube”のようなサービス。

 現在アップロードされているビデオは、今秋に「Google Drive」に移行する。移行作業はGoogleが行い、この分の容量はGoogle Driveの使用容量にはカウントしない。

公式ブログの整理統合

 Googleは各種サービスや製品の発表に公式ブログを使うことが多い。現在、事業部や開発チームなどにより、150以上の公式ブログが運営されているが、これらのうちほとんど更新されていないものや他のブログと重複するブログを閉鎖する。

yu_blogs
Googleには現在、150以上の公式ブログがある

1e77cc9e
Windows、CS6(Adobe)ソフト店舗:Xmac.jp

ニュース:「Project Glass」自らの目線で撮影した動画が公開!

glass_photos
「Project Glass」を装着して自らの目線で撮影した動画が公開されました。

グーグル、拡張現実メガネで撮影した動画を公開
0001

 Googleのバイスプレジデントを務めるSebastian Thrun氏は先ごろ、息子の両手を握ってぐるぐる振り回す様子を、同社のハイテクメガネ「Project Glass」をかけた自らの目線で撮影した写真を公開して話題を呼んだ。Googleとこのメガネに関する取り組みがこれを上回る注目を集めるにはどうすればいいか?

 簡単だ。誰かにProject Glassをかけたままトランポリンに上がらせ、設定を「動画」にしてからジャンプを始めてもらって、それを撮影するのだ。

 Googleは今週に入って、「Google+」にこの動画を投稿した。5月22〜23日にサンフランシスコで開催されたGoogle+ Photographer’s Conference関連のギャラリーで公開されたものだ。

__lt__embed style=”word-break: break-all” height=350 type=application/x-shockwave-flash width=425 src=http://www.youtube.com/v/guzn8Fz45b0&feature=youtube_gdata_player allowfullscreen=”true”__gt____lt__/embed__gt__

 Googleはさらに、同カンファレンスで行われたイベント「Google Glass Walk」の写真も投稿した。
yu_glass
 上述のThrun氏の作品は、写真の新時代について話題を呼んだ。今回のトランポリンのような動画は、数が増えるにつれて、動画の新時代をめぐる議論のきっかけになるかもしれない。

 だが、実際にProject Glassメガネを入手して、映画「湖中の女」と同様に当事者の視点から捉えた動画を自分で撮影することが、すぐに実現するとは期待しない方がいい。The Huffington Postの報道によると、Googleの共同創設者であるSergey Brin氏は同カンファレンスで、このところ話題になっているProject Glassのプロトタイプは「ベータでもアルファでもなく、研究段階での一種の試みにすぎない」と述べたという。また、このメガネが2012年中に発売されるといううわさについてThe Vergeが尋ねたところ、Brin氏は「時間が必要だ」と述べるにとどめたという。

http://japan.cnet.com/news/service/35017492/

logo

  • 激安中古Win、Macソフト通販店:Xmac.jp (^_^)