Photoshopのショートカットキー講座-80.縦横比を固定して拡大・縮小

選択範囲の自由変形の操作には、いくつかのキーを組み合わせることで、様々なバリエーションを与える事ができます。例えば、縦横比を固定したままの変形、中心点を固定しての変形、平行四辺形に変形する……など。

これらのほとんどが、「Shift」、「command(Ctrl)」、「option(Alt)」の組み合わせによるショートカットキーで操作できるようになっています。今日からは、順番にそれらのショートカットキーを紹介していきたいと思います。

まずは本日はこちらから。

今日のショートカット
【縦横比を固定して拡大・縮小】
Shiftキーを押しながらドラッグ

まずは選択範囲を作った後に基本の自由変形のショートカット、「command(Ctrl)+T」を押してバウンディングボックスを表示させます。その後、Shiftを押しながら四隅のボックスのいずれかをドラッグすると縦横比を固定したまま拡大・縮小する事ができます。

ワークスペース上部に表示される鎖のマークをクリックする方法でも縦横比を固定できますが、マークが小さくて押しづらいので、ショートカットキーを利用した方が断然早いです!

是非覚えてみて下さい。

xxmactop

CS6(Adobe)、Windows専用アプリ店舗:Xmac.jp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。