Photoshopのショートカットキー講座-63.ヒストリーブラシツール

ヒストリーブラシツールとは、画像の一部分をヒストリーパレットから選んだ時点の状態に戻す事ができるツール。 例えば、画面全体の彩度を落とした後にこのブラシでなぞると、その部分だけ元の彩度が高い状態に戻すことができます。

今日のショートカット
【ヒストリーブラシツール】
Y

ヒストリーブラシツールを選択したら、ヒストリーパレットから戻したい状態のソースとするものを選び、画像をドラッグしてペイントしていきます。するとペイントした部分だけが、ヒストリーパレットからソースとして設定した時点の画像に置き換わります。

通常のブラシと同様にブラシの種類や不透明度を変更でき、表現のバリエーションを楽しめます。例えば不当明度を50%にしてペイントすれば、加工前と加工後の画像が半分ずつ透けている状態の画像にできます。エアブラシや不透明度筆圧感知を利用して、上手く元画像との境界線をぼかしながら使うのも便利です。

また、「Shift+Y」でアートヒストリーブラシツールとの切替ができます。

今日のショートカット
【ヒストリーブラシ/アートヒストリーブラシツールの切替】
Shift+Y

「アートヒストリーブラシツール」は、ヒストリーブラシツールに更にアーティスティックなストローク効果が加わったもの。 例えば取り込んだ写真の上にこのブラシを使ってペイントすると、水彩画や油絵で描いたようなストロークを与えることができます。 ストロークの強さや長さは画面上部に表示される「スタイル」メニューから選べるほか、ブラシ自体のサイズによってかなり表情が変わってくるので、設定によって色々な効果が作れます。

設定を変えて遊んでみると楽しいですよ。

1e77cc9e
Windows、CS6(Adobe)ソフト店舗:Xmac.jp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中