Photoshopのショートカットキー講座-49.補助線その2 ガイドを活用しよう

今日は補助線シリーズその2、「ガイド」を取り上げます。

「ガイド」は前回取り上げた「グリッド」と同様の機能ですが、方眼紙状に升目の線が表示される「グリッド」と違い、任意の場所に線を引くことができます。

「ガイド」を表示するには、まず「定規」を表示します。

ここでおさらい。定規を表示するには、「command(Ctrl)+R」(第45回)でしたね。

さて、定規を表示できたら、そこからガイドの線を作り出します。定規のバーの部分にカーソルを置き、ドラッグしてみましょう。水色の細い線が画面に引き出されます。これがガイドです。

今日のショートカット
「ガイドを表示」
定規を表示後に、定規のバーをドラッグ&ドロップ

縦軸からドラッグ&ドロップすれば水平の線を、横軸からドラッグ&ドロップすれば垂直の線を引くことができます。 ガイド線を目安に、図形や線を揃えればデザインもびしっと決まります。

ちなみに、ガイドの線は初期設定では水色です。画像の色とぶつかって見づらいというときには「環境設定」→「ガイド・グリッド・スライス」で変更が可能です。この設定ウィンドウは第47回で取り上げた「定規のバーの部分をダブルクリック」の方法で開くことができますよ!

1e77cc9e

激安中古Windows、Adobeソフト取り扱い店:Xmac.jp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中