アドビ、東映ラボ・テックの映像制作支援サービスプロジェクトにCS6を導入

アドビ システムズは、東映ラボ・テックが新たに展開する「映像制作支援サービスプロジェクト」に「Adobe Creative Suite 6 Production Premium」を導入する両社の協力体制を発表した。

アドビ システムズWebサイト

同社はこのプロジェクトのために、東映ラボ・テックとクラウドコンピューティング環境でのレンダリングファーム構築に関する特別契約を締結。編集・特殊効果・カラーグレーディングまで対応するCS6製品群のトレーニングを、東映ラボ・テックに対して実施する。

創業以来、「プロの為のポストプロダクション」として時代の変化と技術革新に対応してきた東映ラボ・テックでは、今回ポストプロダクションとしてのさらなる一歩として「映像制作支援サービスプロジェクト」を開始。これに対応して、同社の最新のクリエティブツールである「Adobe Creative Suite 6 Production Premium」25式を導入した。

最新のデジタルシネマカメラ(「RED」、「ARRI RAW」など)にネイティブ対応する「Premiere Pro CS6」により、撮影後、クラウドサーバー上に保管されたデータが場所を問わず編集できるようになる。また、クラウドコンピューティングシステムでの「After Effects」レンダリングサービスも東映ラボ・テックおよびアドビ システムズとの特別契約により近日中に利用可能となる。

1e77cc9e

激安中古Windows、Adobeソフト取り扱い店:Xmac.jp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中